AGAになる可能性

AGAとは、男性型脱毛症のことで、最近は思春期以降の若い男性に多く見られるようになってきています。
ここでは、AGAの治療や予防について解説します。

まず、知っておきたいのが、自分がAGAになりやすい体質なのかどうかです。
AGAになる前にその可能性を知っておくことで、予防を取ることができます。
下記の事項に自分があてはまるかどうかチェックしてみましょう。

AGAは遺伝性が高いと言われています。
自分の父、父方の祖父母、自分の母、母方の祖父母に薄毛の人がいないかどうか思い出してみましょう。
特に原因となる遺伝子は、母方のX染色体にあるとも言われています。

次に自分の髪をチェックしてみましょう。
以前に比べて、抜け毛が多くなったと感じていませんか。
AGAの場合、髪の毛が生え変わるサイクルが早くなるので、抜け毛が増えてくることになります。
また、サイクルが早くなることで、うぶ毛のような短い髪の毛が多くなることも特徴です。

もし、薄毛が進行してきた場合は、どこから始まったかをチェックする必要があります。
AGAの場合、額の生え際、または頭頂部から薄毛になっていきます。
逆に言うと、額の生え際、または頭頂部以外から薄毛になってきた場合は、AGA以外の脱毛症の可能性があります。
また、薄毛の進行具合も確認しましょう。
AGAの場合、薄毛は徐々に進行します。
もし、薄毛が急激に進行した場合は別の脱毛症の可能性が高いので、早めに病院で受診したほうがよいでしょう。

Copyright © 2014 AGAの治療 All Rights Reserved.